当ブログをご覧いただき誠に誠にありがとうございます!感謝。

みなさん、こんにちは。isofss(イソフス)です。おかげさまで当ブログ開設から1年が経ちました。楽しかったこと、苦労したこと、色々勉強した1年でした。本記事ではブログ運営を継続することの率直な感想、ならびに収益化のアレコレを(アドセンス規約に違反しない範囲で)振り返っております。これからWordPressでブログ運営をしようと検討しておられる方のお役に立ちますように。

起:ブログを始めて変わった意識。

そもそもの動機は「面白そう」という単純なものでした。何かをググって情報収集するあの楽しい時間を、今度は発信する側になったらどうなるのだろう?…という思い付きで。もともと写真や登山の趣味があり、ネタには困らないだろうという謎の自信あり…はたまたネットだったらこの情報を必要としている人がいるかもしれないし、あわよくばブログを収益化できたらお小遣いになるかも…なんて下心があったのも事実です。

責任。

ところが、ブログ運営の蓋を開いて感じたのは発信する責任の重さでした。ネットの世界では一度発信した情報はまさに覆水盆に返らず。この発信が人様の役に立つか?むしろその逆か?常に試されている感覚です。あと、顔出しするかって考えるところですね…。後戻りできないからこそ顔出しは信用。

能動最強説。

ことブログにおいては誰かに言われたからやる、がゼロです。だって自分がオーナーだもの。企画、調査、執筆、推敲、必要な写真の撮影、編集、SEO対策、全て自己責任。固定費はサーバー代くらいなもんで、ちっちゃなリアル会社経営を体験してるみたい。社長、営業マン、事務、ぜーんぶ自分。もちろん普段の生活がありますし、ブログ執筆より重要なことは山ほどあるのですが、多忙な時間を取り分けて記事を書くことはまさに自己責任です。…だから面白いのかも。

でも「ブログで飯を食っていく」なんてことは毛頭考えていません。よく「好きな事を仕事にするには?」みたいな怪しい広告を目にしますが、アレは宝くじに当たった人の自慢話みたいなもので。やってみて感じるのは商売はそんなに甘くない。(と初期から斜めでした↓↓↓)

承:書き方の型。

記事の執筆で大切なことは、大前提として自分自身が興味がある内容だと考えております。(←それは収益化とは別のベクトルで大切だと考えます。)面白いもの、感動したこと、やってみたいこと、そこらじゅうに落ちているアイディアを片っ端からスマホにメモメモ…。その後↓↓↓

  1. ネタをベースに箇条書き。(構成)
  2. 文章の肉付け(執筆)
  3. 投稿用写真の撮影・選別・編集
  4. 完成後の推敲

この流れで書き上げています。1から4は一気に作業することが多く、概ね1記事5時間くらいでしょうか。(有休を取らせてくれる会社には感謝。)写真をメインに扱うブログコンセプトですが、撮影済の写真から企画が出来るか企画に合わせて写真を撮りに行くかはその時々です。

数値分析が面白い。

ブログ集客にはGoogleのサービスを利用しています。記事の投稿後、どれだけの人にアプローチ出来ているか?具体的な数値を出してくれるGoogleアナリティクスや、自身のSEO対策がどの程度のモノか教えてくれるGoogle Search Consoleにお世話になっています。(リアル商売でやっている方には申し訳ないのですが)ゲーム感覚です。具体的な文言や数値は規約上公表できないのですが、確実な事は自分が良いと思っていることが必ずしも世間の需要ではないという現実が数値で叩きつけられます。これがとても面白いです。リアル世界なのでシステム上のトラブルも発生します。もちろん自己解決しなければなりません。日々勉強です。

蛇足ですが、時折、現役の大学生さんがブログ運営されている記事を見かけます。偉いなぁ!と感心するものです。そのまま一山当てるかもしれないし、そうでなくても主体的な社会人生活に役立つはず。偉い。

転:収益化は矛盾との戦い。

筆者の利用している収益化サービスは王道です。GoogleアドセンスAmazonアソシエイツです。開始1年の現状としては、Googleアドセンスでは毎日成果、Amazonアソシエイツでは毎月成果が上がっているといった具合です。(奥歯に物が挟まった言い方で申し訳ないです。規約上ゆえ…。)金額はヒ・ミ・ツ。まぁ、確定申告が必要になる額ではありません!悲。

儲ける手段なのか?

色んな先輩ブロガーさんが異口同音に語っている「売れる記事」とは、

  • トレンドのキーワードを扱う
  • とにかく大量に書いてAIに認知される

の2点に収まると認識しています。当記事でもその手の内容を扱った記事があります。これがまた…PVが伸びます。逆に言うと、売れるブログになるには常に世間の関心に合わせた情報を発信し続ける(使い捨て御免)という事になります。(悲しいかな、本気で書いた記事よりもトレンドワードを扱った記事の方がPVが伸びます。)ということは…

  • 興味のない新商品の紹介
  • 買ってもいない新商品のレビュー
  • 他のサイトからの情報収集

いわゆるまとめサイトみたいなパクリ記事で小銭を稼ぎが許容できるなら(むしろそれを望むなら)儲ける手段としてのブログはありかもしれません。

実例。

言葉だけではアレなので集客の推移を表した↓こちらを参照ください。

集客推移を表したグラフ。
この1年の推移。

①登山家の死亡事故ニュースについて思う所を書いた記事。グラフ上で一時的に突き抜けている部分は検索ヒット数です。それだけ多くの人が関心を持ってそのキーワードをググったということでしょう。しかし同じほどブログ流入がなかったのはブログ主の腕の問題です。(ちなみにその記事はこちら↓↓↓)

②全記事のメタキーワードを見直したらブログ全体の検索・PVが増加。PVが伸び悩んでいた時に「もしや?」と思い過去記事のメタキーワードをチェックしてみたら(初期であればある程)酷い内容でセットしていました。これでは検索されるはずもなく…全記事で修正作業。世の中の関心に合わせないと見向きもされないということでした。

個人がバズるには?

たかだか1年で得心するなんておこがましいのは承知の上。なんとなく思うんです。我々はジャニーズじゃない。無名の個人の雑記ブログなんて情報の海に小石を投げるようなもんです。そんな中、ウェブやSNSでバズっている人たちの特徴は…

飛び道具が2つある。

  • 現役プロリアル写真講座。
  • 入れ墨お兄さん夫婦VLOG。
  • アイドルソロキャンプ動画。
  • 熟練工房マジDIY。
  • 陽キャゲーム実況。
  • 芸能人YouTube進出。

すでに何かの飛び抜けた技能・技術を持っている人が、さらに別のスキルを組み合わせて情報発信する時に「お!何だこれ、面白そう。」というトリガーが色んな人のスマホ上で起動してバズるのだと思います。これだけ情報が溢れ返っていますからそれくらいのインパクトは必要なのでしょう。「写真が好きだ」でやっている当ブログがお金を生み出すシステムになるにはもう1つ何かの道を極める必要がありそうです。凡人にも活路はあります!泥臭く継続すること。便利でスマートな時代背景で見えにくくなっていますが、使い捨ての時代だからこそ継続し続ける事は2本目の矢になるように思います。

結:継続は力なり。

他がどうあれ、やったことは本人に返ってくるものです。やり続けることが大事。そしてなんでもかんでも選択できる訳ではないし、リアル世界ではコンテニューボタンもありません。多くは選べない。だから何を選ぶか?何を継続するか?そんなことを考えさせられた1年でした。

写真に対する心構えと充実感もブログ運営があったからこそ感じた分野でした。これは本当に良かったです。サーバー代1000円/月なのだから安い授業料です。さて2年目は何を学ぶのでしょう?ダイブした後に分かるのでしょうね。

最後までお読み頂きありがとうございました。今後も写真にまつわる記事を投稿して参ります。またどうぞ遊びに来てください! そしてもし貴方様がブログ開設前の雄姿でいらっしゃる方であればこの応援ワードをお送りします。「継続こそ正義。」…偉そうに失礼しましたっ!