みなさん、こんにちは。α6400ユーザーだったisofss(イソフス)です。先日、SONYから新型ミラーレスカメラが2台(α6600とα6100が)発表されましたね。もう完全にシェアを奪いに来ているSONYの気概が見え見えです!(素晴らしい。)

SONY公式PV

もしかすると貴方さまはα6600を購入検討されていらっしゃって、ググった先でこのページにたどり着いたお方でしょうか?では背中を押して差し上げましょう。元α6400ユーザーが羨望のまなざしでα6600を褒めちぎる分析、参ります。スペックの詳細や数値関連は他のサイトでご確認ください。このページではα6400の弱点を埋めたα6600の魅力について語ります。

1:ボディ内手振れ補正が実装された!

コレですよ!羨ましいです。今やミラーレスカメラの象徴と言ってもよいボディ内手振れ補正。α6400には無い機構でした。もともとα6500に実装されていたので、上位互換であるα6600に搭載されたのも当然でしょう。

ところで「そもそも手振れ補正って必要なんでしょうか?」と問われれば、間髪入れずに即答します、必要です!あったら幸せになります。実際に手振れ補正が必要になる場面は、暗い環境で撮影する時です。下記は手振れ補正が無い状況でα6400を使って撮影した写真です↓↓↓

iso3200でノイズが乗ってしまった。
焦点距離82.5mm SS:1/80 F3.5 ISO:3200

手持ち撮影で手振れしないギリギリのシャッタースピードにしましたが、それでも明るさが足りずISO感度が3200まで上がってしまいました。いくら新型と言えどAPS-Cはセンサーが小さいためノイズが出たり色が潰れたり…と厳しい仕上がりになります。こうなるとRAW現像で後からイジっても質感(立体感)が出ません。

ところが手振れ補正が搭載されていると→シャッタースピードを遅くしても手振れしなくなります。→すると同じ環境でもISO感度が下がります。→すると写真の精彩感も保たれます。下記は(αではないのですが)ボディ内手振れ補正があるカメラで撮影しました。道路の暗い表現が潰れていない感じ、いかがでしょうか?↓↓↓

手振れ補正があるだけで手持ちで1秒露光出来る。
焦点距離75mm SS:1秒 F8 ISO:100

これ、手持ち撮影です。暗い写真でも黒色の出方に上品さを感じます。(←という主観は置いておいたとしても)写真がキレイになることや表現の自由度が上がることが手振れ補正の恩恵であれば、これは嬉しい装備です。

蛇足1。手振れ補正は 動いている被写体には効きません。あくまで止めるのは手振れだけ。

蛇足2。「手振れ補正が付いているレンズを使えば同じじゃん!」と言われればその通り!…なのですが、ボディ内手振れ補正はオールドレンズを使う時にも働いてくれるところがメリットです。どんなレンズを使っても手振れの心配をしなくてよい安心感、これが素晴らしい。

2:グリップが大きくなった!

これも素晴らしい!正直な話α6400のグリップは小さくて持ちにくかったのです。ついにはα6400を手放すきっかけになってしまった要因になりました。

薬指も余る!
↑これはα6400です。指が余っちゃう。
スイッチ周りが堅牢
↑α6400のグリップは浅かった…。
a6600
SONY公式HPより引用。α6600

(執筆時点でα6600が量販店に並んでいないので想像の域を出ませんが)前モデルのα6500のグリップはα6400より大きかったです。さらに公式HPの文言を見ると「グリップ部が厚くなったためホールド性が大幅に向上」とあります。グリップの握りやすさ疲れにくさ直結してます。重いレンズを使う場合はなおさら。これは期待できますね。

3:バッテリーも大きくなった!

α6400はNP-FW50(1020mAh)という小型バッテリーを採用しています。これが貧弱で貧弱で…。から撮影する時はには予備バッテリーに入れ替えていました。

NP-FW50を使っていました。
SONYのお家芸、充電器別売りシステム。(上記はα6400用です)

しかし!α6600のバッテリーは強力になりました。フルサイズ機に使われているNP-FZ100(2280mAh)をAPS-Cカメラで初採用。以前のNP-FW50に比べて2.2倍の容量だとか。グリップが大きくなった分大きいバッテリーを装着できるようになったということでしょう。素晴らしい。↓下記はα6600で使えるNP-FZ100用の充電器です。

これが落とし穴なんですよ…。本体付属になっているACアダプターAC-UUD12は、USBとコンセントを繋ぐUSB給電用のアダプターです。上の写真のような一般的な充電器は別売りなんです!バッテリーを単独で充電したいなら追加料金をSONY様に貢がなければなりません。

4:APS-C専用の標準大三元レンズが出た…。

ついに出やがった…。タイトルで「悲痛」と書いたのはコレです。まだSONYユーザーだったら使えたのに…という筆者(他社ユーザー)の涙です。私の記憶の限り、APS-Cミラーレスカメラで初めての標準大三元レンズです。(今しがたCANONとNikonの公式HPを見に行って確認しました。一眼レフ用ではAPS-C専用標準大三元レンズありますが、ミラーレスは存在無し。何やってんの!二大巨頭さんよ。)

SEL1655G登場!
SONY公式HPより引用。

その名はSEL1655G。Gレンズです。これをα6600に装着すると広角から中望遠までなんでも撮れちゃうでしょうね…。最高のリアルタイムトラッキング瞳AFを支えるXDリニアモーター、フレアとゴーストにめっぽう強いナノARコーティング、レンズ側のフォーカスホールドボタンのカスタムも出来て、35mm換算で24mmから82.5mmまでカバーしていて、それでいてα6600と組み合わせで1kg未満の驚異の軽量システム。(ボディ503g+レンズ494g=997g。これ絶対狙って作ってますよね。)しかもフルサイズ用標準大三元より当然安い。(※安いと感じるのは病気です) これはヨダレがでますわ。使ってみたいなぁ…。

まとめ。長く使うならα6600は〇

もし貴方さまが「まだどこのメーカーのカメラも持ってない」「どうせならイイものを長く使いたい」「α6000シリーズから買い替えたい」という方でいらっしゃるならα6600は最高の相棒になるはず。私もレンズのマウント縛りがなかったら買いたいです。(あるから買えない…。)

理由は上述した通りです。前モデル(といっても発表から半年しか経ってない)α6400の弱点を埋めてきたα6600は正直ずるい!(=魅力的)それを分かって販売してるSONYは上手い! 個人的にα6400の弱点を我慢できなかった自分の忍耐力のなさを反省しつつ、α6600の完成度の高さに感嘆しました。APS-Cモデルのフラッグシップクラスは概ね15万円(本体のみ)くらいが相場でしょうか。キャッシュバック含めてその価格帯であれば長い目で見てお買い得だと感じます。

ちなみに…α6100の感想。

特にないです。きっといいカメラなんでしょうけど。安いだけで飛びついてタンスの肥やしになるか、物足りなくなって次のカメラを買う羽目になるか…リスクが高い気がします。

勢いのあるSONYを使う安心感。

松竹梅(α6600・α6400・α6100)を揃えたSONYの販売戦略には脱帽です。選べるって正義ですから。そのうち本当にCANONやNikonの座(シェア)を奪う日が来るかもしれませんね。SONYという企業の大きさ・資金力を考えると、今後もカメラ業界の常識を塗り替えてくれる一石を早いペース(今回のように)で投げ込んでくれるかな…と勝手に期待しています。

さ、買う準備は出来ましたか?? キャッシュバックキャンペーンもきっとあるから迷いますよねぇ…ふふふ。

最後までお読みいただきありがとうございました。でも本当に大切なのは買った後。次回、カメラを買っても写真が続かないあるあるにどう対処するのか?←考察記事を書く予定です。また是非遊びに来てくださいネ。