みなさん、こんにちは。α6400に興奮中のisofss(イソフス)です。発売日翌日レビュー(第2弾)もかなりマニアックな内容です。少し前までNikonユーザーだったため諸々の機材も当然Nikon用なのですが、SONYに鞍替えしたことでライティング機材が使えなくなると困るんです。買い直すのもお財布に打撃ですし…。願わくばα6400でそのまま使えたら…という一筋の希望を頼りに、メーカーの壁を越えた無茶な検証してみました。

1)安いのに実用的なGODOX。

GODOXのTT600とXpro-N
ワイヤレスレリーズのXpro-N と ストロボのTT600

わたし、GODOX大好きです。純正品の半額以下(1/3くらいかも)で買えるのに機能は実用的で、物撮りからイベント撮影までガンガン使ってきました。今の所トラブルなし。上記の2台はNikonのD610(一眼レフ)時代に買ったものです。今回α6400に乗り換えたので、普通はメーカーが違うから使えないと考えがちですが……どうやら使えるらしいとネット上で情報がチラホラ……。もし使えるなら買い直すお金が浮きますね!(2つで約15000円弱)

買い直したらそれぞれ7000円ちょい。

検証の前にちょいと補足説明を。まず TT600 ですが、これはクリップオンストロボです。カメラの上に乗っけるストロボです。TTL(ストロボのオート調光)はできずマニュアル発光のみです。(マニュアルしか使ったことがないですが困ったことはありません。)C社純正ストロボでは不可能な後幕シンクロや、ハイスピードシンクロ、ワイヤレススレーブ機能まで付いてAmazonでだいたい7200円くらいで販売されています(安っ)。その販売ページに「どのメーカーでも使える」みたいな説明があるんです。ってことはNikonでもSONYでも使えるってことですね。それを裏付けるかのように接点部分を見ると……↓↓↓

接点は1つしかない。
接点は1つしかないですね。
カメラ側も接点1つです。
カメラ側も1つ。これはイケるかも!

SONYのホットシューはマルチインターフェースシューというちょいと特殊な形でして、奥に電子接点が見えますね。違うメーカーのストロボを付けた時にココが干渉しないか心配でしたが問題なく着きました。ただし密着という感じではなく「着くけど…」みたいな感じ。長時間運用はカメラ側に負担になりそうです…。

直付けはバランスが悪い。
カメラ側のホットシュー、大丈夫かな…。

↓↓↓次に Xpro-N ですが、こちらはストロボをワイヤレスで発行させるトリガーです。Nと付いているのでNikon用です。S表示のSONY用もあるんです。同じくアマゾンで7500円程度。エネループ2本で動きます。液晶パネルの表示も見やすく、非常にコスパの良いトリガーで大好きです。

Xpro-Nの方は収まりが良い。
うん、このサイズ感だとOKです。

2)TT600をクリップオンで検証。

Nikon用なのにSONYで動く!
光った!

使えますやん!

いきなり結論出ました! ただし条件があるようで、これ、マニュアル調光だから使えるみたいです。接点1コしか使ってない理由はこれだったのですね。(今回の検証はストロボ発光を写し込むために鏡に向かって撮影しています。左側の黒い部分は幕切れではなく鏡の淵です。)

3)Xpro-Nでワイヤレスレリーズは?

Xpro-Nも発光します!
光るじゃん!!

Xpro-Nも使えます!(ただし…)

普通に光りましたwww。これで余計な出費を避けられました。ただし!!!ちょっとした弱点があります。Xpro-N側ではα6400を認識しません。(それは無理のない話ですね。) かつてNikonのカメラに着いている時はXpro-Nの画面上にカメラ認識マークが出ていましたが、α6400に装着時にはカメラ認識マークが出ませんでした。…なので一定時間Xpro-N側の操作をしないでいるとXpro-Nがスリープモードに入ります。連続で撮影する時は問題ないのですが、油断するとスリープしちゃいます。まぁ、Xpro-N側の何かのボタンを押せば復旧しますが…面倒といえば面倒です。

スリープしちゃう。
↑これ、まさにXpro-Nがスリープしてる状態です…。

そう!SONY用を買い直せばスリープ問題は万事解決です。誰かNikon用と交換してくれないかなぁ。

4)とりあえず使えるから良しとしよう!

ワイヤレスライティングで撮ってみた。
家にある被写体がみかんくらいしかなくて。

なんでみかん??ってのは見逃してください。ついでにSONY純正のRAW現像ソフト Imaging Edge をダウンロードして初使用してみましたが、まだよく操作が分かんないです。↑ちょっとホワイトバランスおかしいですね。カラーノイズも気になる。二線ボケも出てる。設定の問題なのか?現像でどうにかなるか?今後の宿題です。

とりあえずライティング機材買い替えを避けられたので良しとしました。さて、2日目ですがまだ純正レンズ(SEL70200G)を装着していません。ずっとオールドレンズのまま(笑)。こんなSONY1年生は稀有だと自画自賛(?)です。

最後までお読みいただきありがとうございました。まだまだα6400のマニアックレビュー続く予定です。ご期待頂ければ幸いです。では!