みなさん、こんばんは。夜スナップにハマったisofss(イソフス)です。写真スランプを脱却すべくアレコレ試しましたが、夜の街をカメラ片手に徘徊するスナップに大変おもしろみを感じまして、道中で気づいた良かったことをまとめています。スナップ好きの方にお楽しみいただけますように。では↓↓↓

(特に注記がない限り、レンズは AF-S NIKKOR 24-70mm f2.8E ED VR で撮影しています。)

1)暗い、高感度、ノイズ。

暗いから仕方がありません。どんなに頑張っても最後にはISO感度を上げますよね! で、感度を上げるとノイズが写真に乗っかり、ノイズは基本的には写真の解像感を下げるのでよろしくない。……と思ってましたが、実際にノイズだらけになってしまった写真を見てもそんなに嫌悪感を感じなかったのです。これは新鮮な発見でした。↓↓↓

ノイズが出ている作例
ISO:800 F:2.8 SS:1/40

いかがでしょう? 背景にノイズが結構ノッてしまっています。カメラは2013年発売の Nikon D610 です。(もうディスコンになりました。)6年も経てば家電は時代遅れ…と考えることも出来ますし、これくらいのノイズは味ってことで片づけても問題ないとも言えますし、好みの問題でいいのかな~と思いました。「仕事で納品」ってワケでもないので、寛容な心で趣味を楽しみたいものです。

ただしあと一段(ISO:1600)上げると(背景によっては)写真的に破綻しそうです。大切なのは機材の限界を知ることなんだなと言うのが教訓でした。

これはISO1600です。
これは 50mm f1.8 G で ISO:1600 の写真です。

↑↑↑アンダーな背景ならISO:1600でもギリOKでしょうか?? 最近のカメラになると高感度耐性が非常に良くなっているでしょうから問題にならないかもしれませんね。いや~、買えるなら買ってみたいものです。

Z6の高感度耐性を調べていたら興味深いブログが検索ヒットしました。リンク貼っておきます。

2)カラーシフトを楽しむ!

カラーシフトの作例
ISO:100 F:4 SS:1sec WB:3400K

ちょうど月明かりが出ていたため、24mmの広角側で三脚を使って1秒露光の作例です。本来、街灯の光がもっとオレンジだったのですが、空をもっと青くしようと思い、RAW現像時にホワイトバランスを3400ケルビンまで下げています。橋のオレンジ感は薄れますが、釣られて空が青色側にカラーシフトしてくれています。後からイジれるのがデジタルの利点ですよね。もうちょっと「濃さ」を足してもよかったかもしれません。Instagramにはアプリ純正のフィルターで押しを強くして投稿しました。

どこまで写真を加工するか…、どこが「適」なのか…、こればっかりは数を重ねて自分なりの答えを出すしかないですな。

3)玉ボケを楽しむ。

玉ボケの作例。
AF-S NIKKOR 24-70mm f2.8E ED VR の玉ボケ
   

完全っ…に自己満足ワールドです!(お付き合いあざーっす) さすがはお高いレンズだこと。玉ボケはキレイです。右の水色の中にゴミ?の混入がありそうなのが気になりますが全体として玉ねぎボケもなく、中央部は円形ボケです。周辺部の口径食は…致し方ないですね。

このレンズのスナップ作例ってあまり見かけないので、このブログがこれから大三元の一角を買おうと息巻いている方のお役に立てば嬉しい限りです。デカいレンズなのでスナップするとかなり目立つことは覚悟して買いましょう!顔を隠して横切っていく人もいたりします(苦笑)

玉ボケの元の景色
なお、元の景色はこういう写真でした。

4)三脚、かなり活躍。

夜スナップはとにかくシャッタースピードが低速なので、手振れ補正やISO感度でカバーしきれない場合が多いです。街灯がある夜景だとEV値は4くらいなので、この時の露出の選択肢としては…↓↓↓

  • ISO:800 F2.8 SS:1/15
  • ISO:1600 F2.8 SS:1/30
  • ISO:3200 F4 SS:1/30
  • ISO:1600 F4 SS:1/15

どれも厳しい設定です! あまり今まで三脚を使う機会がなかったのですが、今年初めのお買い物でVANGUARDのカーボン三脚(VEO2)を衝動買いしてしまいまして、最近の夜スナップで活躍しております。「軽い!」と言うのがファーストインプレッションです。(1.3Kgです。)また改めてレビューしたいと思います。

VEO2
VANGUARD VEO2 カーボン4段です。

5)ズームレンズ、いいじゃん。

広角側の作例
24mm。こういう構図はズームだと歩留まりがよい。

一般的に「画角を体で学ぶ単焦点を使おう」と言われるものです。激しく同意です。でもやっぱりズームレンズは便利ですねぇ。「移動しなくていい」というのは確かに甘えん坊だと思いますが、「レンズ交換しなくていい」ってメリットは計り知れないです!構図の発想に自由がきくのがいいです。個人的に広角側をあまり使わない人だったのですが、ズームレンズに変えてから普段使わない画角で構図を考えるようになりました。これはこれでよかったと思っています。

6)たくさん撮って経験すること。

やっぱり写真は数だなと、改めて学びました。どんな状況でも撮れるようになりたいですしね。夜スナップは暗闇に紛れるので人目もあまり気になりません。大三元みたいなゴツい装備だと特に相性いいかもです。もちろん、不審な動きをしていると怪しまれますのでマナーを守ってスナップすることは重要ですがw!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。みなさんはどんなスナップ撮りますか?昼派ですか?夜派ですか?

せっかく始めた写真ライフ、楽しみましょう! 続く。